ズボラOL的シンプルライフ

ズボラ過ぎるOLがシンプルライフを目指すブログ。人生しくじり中。

「エコ」や「自然に近い生活」が難しい理由

「ぼくはお金を使わずに生きることにした」

を読みました。

 

この本はタイトル通り、

アイルランド出身の著者がお金を1円も使わずに

生活した1年間について書かれた本です。

 

”お金を使わない”ということに関して

驚くほど徹底しています。

 

家は中古で手に入れたトレーラーハウス。

移動は自転車か徒歩。

食べ物は森にあるものを収集する。

洗濯はランドリーナッツを使って手洗い。

トイレは自作して拭く時は古新聞を使う。

 

私もブログのタイトルに

「シンプルライフ」と付けたし、

農業に興味を持つぐらいですから、

”エコ”とか”自給自足”とかものすごく興味があります。

 

自然に近い暮らしを送りたいとか言ってますが、

ちょっと”ふわっと”してるな、と自覚があります。

 

この本の著者はそんな”ふわっと”したことはしていません。

すべてをお金で買って手に入れる、

現代の生活を拒否して生きるということが、

どんなに困難かという現実を書いています。

 

だって、物を書くのにはペンが必要ですが、

ペンだって買わないといけないわけです。

 

お金を使わないということは、

それすらどうやって自力で解決するかを

考えないといけないわけですね。

 

現代の生活って、

ありとあらゆるものをお金で買っていて

それにどっぷり浸かっているんですね。

 

もし食べ物も服も道具も

すべて自分の力でやろうとするなんて、

考えただけで気が遠くなるほど大変なこと。

 

 現代人はいかにお金に飼いならされているか、

ということを改めて考えさせるとても良い本でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする